アン オレンジ ジェネレーション
カムバック群馬!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンオレ21 「キャシーからメールが届いたよ」

キャシーからメールが届いたので以下に記します。


寒いが風邪などひいてないかい?
先週ギックリ腰になって仕事やめておとなしく静養中。
ホットなキャシーニュースをおくるよ!
2007年1月30日にアンクシャスシゲキとのバンドを新たに結成。
2月下旬パソコンホームページ&携帯サイト開始。


キャシーライブ
2月26日 (月) 御茶ノ水KAKADO
3月25日 (日) ついにCD発売イベント両国BOOTZCAMPFOURVALLYにてバンドスタイルで出陣。
4月大阪心斎橋のクラブにてゲスト出演。関西初進出!
どうぞよろしく!





さすがだよ着実に前に進んでいる、半年間のアメリカ挑戦後いきなり結果をだしているね。
バイトを始めて一週間もしないうちにやめるところなんてロックンローラーだよなー、まあ言ってたもんねバイトなんて時間の無駄だって。 
スポンサーサイト

今日の一言

「神は克服できない試練は与えない」・・・らしいです。



まあ無宗教&無神経の自分は神とかはどうでもいいんですけど。

アンオレ20 「かく語りき」

「やっぱ日本はいいねー」・・キャシーの言った言葉が耳に残った。


基本的にいつでも日本にいる俺達には感じられない感覚、当然日本がいいに決まっているのだけど半年間離れていたからこそ分かる良さはずっと日本にいる俺達にはわからない。。


それは例えば食事的なものかもしれないし言語的なものかもしれない、いやもっと感覚的な何かか・・例えばそう昼の12時にテレビをつければいつでもサングラスをしたオヤジがしゃべっている的な安心感のようなものかな。


まあそんなことはどうでもいいか。



俺「で、どうなのこれからの活動は」


キャシー「いよいよアルバムがでるよ、インディーズだけどね」


俺「とうとう出来んだ」


キャシー「ちゃんとした事務所からでるから注文すれば手に入るよ。これが売れてくれないとな・・」


ホントはアメリカ挑戦の前に出るはずだったアルバムができた。
このアルバムを俺は待ちわびた。


俺は自分の好きな音楽を聴きたい、世間で有名とか有名じゃないとか売れてるとか売れてないとかはどうでもいい。


俺「そっかじゃこれからプロモーションとか忙しくなるだろうからアンオレの活動はできないね・・・」


キャシー「いやいやそんなことないでしょ!365日もあるんだからさ全然出来るでしょ」


ちょっと救われた気がした。

アンオレ19 「キャシーが帰ってきたぞーい」

結論から言おう。


キャシーが帰ってきた。


「いよいよ明日出発だわー」ってメールをくれたのが去年の6月29日・・ちょうど半年たってキャシーは帰ってきた。


実は俺らの間でもキャシー待望論はいつでもあって、連絡も取れないからヤキモキしていたのさ。
というのも俺らアンオレはキャシーがいないと何もできない。
いやそれぞれは才能の有るプレイヤーだ(俺を除いてね、俺は凡才だ)個々人でプレイするにはいいんだけどバンドをコントロールできないというかみんなそれぞれバラバラ。


キャシーは人をうまく使える、フランス代表におけるジダンのような感じかな、かつてのね。


俺「で、どうだったアメリカ挑戦は」


キャシー「いやーやっぱいいね日本は」

「ベッカムの移籍」

ちょっと前のニュースですが。


ベッカムがアメリカへ行くそうですね。


残念です。。


これで代表からも自ら一歩引いてしまいましたね。


アメリカへ行く気持ち理由はよくわかります、純粋なサッカーのプレーだけでなくいろんなベクトルで勝負したいんですよね、それは分かりますよ。


アメリカはサッカーを見るという文化がない国です、あそこはベースボール、バスケ、アイスホッケー、フットボールの国ですから。


だからベッカムのプレーを見ても何も感じないと思うんです、ただ有名人が来たくらいにしか理解できないと思うんです。


なんせベッカムよりヴィクトリアの方が有名だっていうんですからw


ヴィクトリアなんてどうでもいいんですよ、はっきり言って。

アンオレ18 「再会の夜に」

200603011906028.jpg


日曜の夜はアンオレのミーティングの日だ。


キムタクの新ドラマ「華麗なる一族」を見たかったが、しょうがないこの場合アンオレのミーティングが優先される。


いつものように俺は東京から帰ってくる板さんを迎えにある駅に車で向かった。だいたい駅で板さんを拾って近くのパスタ屋へいってアッツが合流してミーティングという流れだ。


いつもだと車の中で待っているのだが今日に限ってはトイレに行きたくて駅の中まで歩いていった。するといきなり声をかけられた


「どうも!」


明らかに板さんの声ではなかった。


オカといいけだった。


あまりにも偶然だった。。


話を聞くとこういうことらしい・・オカが車を買いに東京に出ていてそれにいいけが付き合ってその帰りだった。
いいけは最近彼女とわかれて引き篭もっていたがいつもお世話になっているオカの頼みを断りきれず付き合ったのだ。
オカは現金で200万以上する車を買った、トヨタのツアラーVだ。


「偶然だねー」なんて話していると板さんがやってきた。


「オオ!」


板さんもあまりの偶然にびっくりしていた。
それもそのはず、俺はそれぞれと頻繁に会っているが板さんとオカは中学卒業以来だ(13年ぶりくらい!)いいけと板さんだって2年ぶりくらいだから。
まあ久しぶりといっても小中と同窓なわけで知ってはいるわけです。


せっかくなので一緒に飯を食おうということで近くのパスタ屋へ、そしてアッツ合流。アッツも二人とは中学卒業以来だ。


しばし談笑しているなか俺が切り出した


アンオレに入らないか?


オカといいけは困惑した様子だった、それもそのはず二人が興味あることといえば車、パチスロ・・つまり音楽には興味がない。それは俺も当然知っている。


いいけ「だって僕達楽器とかできないから、入っても無駄だよ。わけの分からないメンバーになってしまうよ」


オカ「そうだそうだ」


俺「いいんだよ!例えばそうだなー米米クラブだって何やってるかわからないメンバーがたくさんいるだろ?あんな感じだよ」


俺の意見に二人は納得したようだった。


それに俺は音楽活動がどうとかそんなことはあまり気にしていない、俺の考えはもっと深いところある。


それを悟ってか二人は首を縦にふった。


今日アンオレは新メンバーを加えてさらにパワーアップして再スタートを切る。キャシーがアメリカから帰ってくるまではしばらくこれで凌げそうだ。



今日まで俺は人生に失望していた、去年は事故に遭い不運が重なった。それなのに全然宝くじも当たらないし人生は不公平だと叫んでいた。


ただ今日のような予期せぬ素敵な再会もあるんだ。



「不二家」

不二家の件はとても残念です。


以前後輩に差し入れとかしたときも不二家で買っていたのでその辺もちょっと気になってしまいました。


株価も二日で35円下げですか・・また月曜下げるでしょうね。
これだから食品関係は怖いですよね。。


一回失った信用を取り戻すのはすごく時間がかかるものです。


ペコポコ。

「ブーメラン」

昨日テレビでブーメラン愛好家の番組をやっていました。


その中で印象にのこったセリフ。


「ブーメランは戻ってくる物じゃないんだよ、ブーメランは戻す物なんだよ」


なるほどですね、自分のような浅はか者は適当になげれば戻ってくるのだろうと思いがちです。
ただ現実にはちゃんと戻ってくるように投げるのには技術がいるということなんですねー


熟練者になると自分の好きなところへ戻すことができるらしいです。

「成人式」

成人式であばれる若者いますよね。
ああいう画像をテレビのニュースを見ているとなんてバカなんだっていつも思うんです。


ただよくよく考えてみれば、確かに暴れる若者はいてもそれは少数であって大半の人はまじめに式に参加しているんですよね。


マスコミはなんでも大げさに報道します、台風だってそうだし。面白い方向へ持って行こうとします。ワイドショーなんてその最たるものです。マスコミなんてものは事実だけ伝えればいいと思います、そこに視聴率とか絡んでくるからおかしくなるんだけど。
スポーツだって人気選手ばっかり特集する、芸能人じゃないんだから結果を出した人を報道すべきなんです。


話がそれました、今年成人になった方々にはがんばってほしいと思います。これからの日本を支えるのは彼らなのですから。


追伸:もしほとんどの成人があんな感じで暴れているとしたら日本の未来もちょっと不安ですねw

「右玉伝説」

31170017.jpg


将棋の本を買ってしまいました。。


「右玉」・・・柔軟性とカウンター戦術を武器とする戦法。相手の攻めを巧みに受け流し、鋭く反撃する指し口はまるでマタドールになったかのような独特の感覚を味あわせてくれる。


とてもマニアックな戦法です、ただ自分の人生哲学で人がやっていないことをやりたいというのがあります、よって右玉を学びたいと思います。

「上毛かるた」

jm-i.gif



先日のアンオレの忘年会の時に久しぶりに上毛かるた(昭和22年に発行された郷土かるた)をたしなみました。
日本のお正月といえばかるた、そして群馬県民なら上毛かるたといった具合です。


小学校の授業とかで無理やりやらされるのでこの歳になっても全部暗記しているほどです。。

あ・・・浅間のいたずら鬼の押し出し
い・・・伊香保温泉日本の名湯
う・・・碓氷峠の関所跡
え・・・縁起だるまの小林山
お・・・太田金山子育て呑龍
か・・・関東と信越つなぐ高崎市


という風に勝手に覚えてしまっています、それくらいやらされました。

やらされた・・というくらいですから小学生の頃は全然乗り気ではなかったのですが、今になって考えてみればカルタを通して郷土のことを知りまた郷土愛をもってもらおうという教育の一環だったのですね。

そういった意味では現在少なからず郷土愛を持てているのはこのカルタという文化の恩恵かもしれません。。




jm-ti.gif


ち・・・力あわせる200万 
自分が小学生のころは180万でしたが今は200万です(人口のことです)



jm-tu.gif


つ・・・鶴舞う形の群馬県
最終取り札が同数だった場合この札をもっている人が勝ちとなるー



jm-re.gif

歴史上の偉人も数多くよまれていて新島襄、内村鑑三、関考和、田山花袋、新田義貞等々。
高山彦九郎、国定忠治などはGHQにその思想、行動が問題視されて採用されてない・・というのはちょっとマニアックな知識ですねw


その他にも群馬5大都市(前橋 高崎 伊勢崎 太田 桐生)の5札を揃えると20点とか上毛三山(赤城 妙義 榛名)を揃えると10点とかゲームとしてもなかなかおもしろかったりします。


ちなみに先日やったときは33枚もの札をとり圧勝した私です。イエイ!


特に誇るべき名産もない群馬県ですが上毛かるたの話題でもりあがれるといのは県民の特権と言えると思います。。 

「今年の目標」

年末ジャンボ当たらなかったなーと思っていたところ、うちの親がお寺の福引で自転車を当ててきました。


どうやら自分の運が親にいってしまったようです。


これもひとつの親孝行ということで今年もよい年になりそうな気がします。


今年の目標!大きなもので2つありますが、言うと笑われそうなので自分の心の中に留めておくことにします。


小さい目標としてはコンタクトジャグリング&けん玉を人前で疲労できるレベルにまでもっていくこと、これは自分の努力次第ですね。

「年末 年始」

年末ジャンボはハズレました。。やはり人間の運というものは平等ではないですね、分かってますよそのくらい・・今の流行の言葉でいうなら想定の範囲内というやつです。


年末の30日はクラブの忘年会に参加しました、今回はいろいろな世代が20数人も集まりました。あれだけの人が呼べるのもnsktさんの人望でしょうか、さすがですね。
そんな中、某先輩がこんなことを言っておられました


「人生ってちょろいもんだよなー」


自分はけっこう苦労して生きてるほうなのでこういう意見が出る人を尊敬してしまいます、やはり実力のある人にはちょろいのかもしれません。


年があけて1日~2日はアンオレの忘年会でした。
そこで板さんが言い出したのがバンド名を変えようという話。なぜかというと今のバンド名「アン オレンジ ジェネレーション」は似たようなバンドがたくさんいるから・・
例えば「オレンジレンジ」「アジアン カンフー ジェネレーション」とかとか被っているから。
しかしながらこの社会、ものごとを決めるには過半数の賛成が必要となるのは周知のとうり。ドラムスのアッツの「そんな簡単に名前を変えるのはよくないよ」という意見で却下となりました。
ちなみに新しいバンド名として挙がっていたのが
「アン オレンジ ブーメランズ」・・まあどっちもどっちか。


プロフィール

T-SAITO

Author:T-SAITO
純然たるロックバンド  

アン オレンジ ジェネレーション
 
Vo キャシ→
G  板さん
B  T-SAITO
Dr  アッツ 
  

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。